幸漁丸のジギングはバーチカルジギングを基本としています。

バーチカルジギングとはスパンカーという帆を船尾に立て、風に対して船が真っ直ぐに立つようにしてポイント上を流す釣り方です。

ラインが常に垂直に立つように操船可能なので、両舷から竿出しし易く、ピンポイントを精密に釣らせるのに最適な操船方法です。

ただし、ポイント(根)形状の正確な把握や潮流の方向を把握していないと成立しないので、船長の経験と操船技量がものを言います。

なぜ、このような流し方を基本としているかというと平戸、五島周辺の海底は変化と起伏に富んでおり、ヒラマサのように根につきやすい魚を釣るためには漫然と流すのではなく魚が付きやすい形状と潮を把握して実績のあるポイントを一日の中で組み合わせを組み立ててゆく必要があるからです。

幸漁丸はこのようにして、過去に何十年というキャリアの中で積み上げてきたポイントを膨大に持っています。

お客様がいつ乗船されてもその日のベストな潮が当たるポイントを最善と思われる順序で組み立ててジギングしていただいておりますので、一般的な潮周りの大小を気になさることなく、御予約いただいても釣果は十分にあがります。